12月 282018
 

バイクメンテナンスで持っておきたいドライバー

バイクのメンテナンスでは多くの場合ナットで接続されているためにレンチを使うことが必要です。
ネジを締めている場所はあまり多くはないのでドライバーの使用頻度はナットほど高くはありません。

しかし、バイクをメンテナンスする中ではドライバーでネジを開閉することも必要になります。
使う場面があまり多くないからといって家にある工具のドライバーでいいやと適当に操作するのは危険です。

ドライバーが入るネジ溝は決して大きなものではないですし深さも細かく作られています。
そのため、正しいサイズのものを使わないとすぐにネジが曲がってしまったり力の入れ加減が悪いとゆがんで取り除くのに苦戦することもあるのです。

そこで、ちょっとしか使わない道具であってもドライバーは重要なものですし、適切なサイズを選ぶことが必要です。
バイクのプラスネジとマイナスネジに応じて溝のサイズに合ったもの、幅の合っているものを選んで使うようにしましょう。

持っていると便利なT型ドライバー

T型ドライバーというのは名前の通り少し変わった形のドライバーです。
しかし、ベテランやプロのメカニックも愛用している人が多い大事なアイテムでもあります。
クリップタイプの一般的なドライバーは一通り持っており、本格的な道具を欲しいと考えている人はぜひ購入して使ってほしいドライバーでもあります。

構造としてはハンマーでたたいてショックドライバーのような使い方も可能です。
また、両手でハンドルを押さえて操作すれば普通のドライバーよりもグリップが軽くて大きな力で回すこともできます。
ネジの開閉作業は意外と面倒なものであり、少しの力で開閉できるのは作業の負担が軽減できてストレスも緩和されますしメンテナンスをしようという気持ちも高まります。

男性は一通りの工具が欲しいもの

工具箱にずらりと工具が並んでいるのを見ると一気に気持ちが高まるというのは男性の多くが言うことです。
形から入る、という言葉がある通り、やはり一通りの工具がそろっている方がメンテナンスもやりたい、頑張りたいと思うものです。

初心者は工具をそろえる前に知識を身につけるべきと言われがちです。
確かに経験を積むことで必要な工具も見えてきますし自分の好みのメーカーや合っている工具もわかってきます。

しかし、やる気が出なければメンテナンスも頑張れません。
そこでリーズナブルに購入できてなおかつたくさん種類をそろえる必要のないドライバーは最初に購入する工具としては悪くないものです。

特に見た目がプロっぽい目新しいT型ドライバーは持っていると気持ちも高まるものです。
そのため、工具を購入したいという気持ちがある人には使い勝手の観点からもお勧めな工具でもあります。

Sorry, the comment form is closed at this time.