11月 272018
 

たくさん種類胃のあるソケットツール

バイクを作るためにはたくさんのビスやボルトが使われています。
二つの部分を接合するためには溶接をするかビスやボルトで固定するしか方法がありません。

溶接すると簡単に外すことができませんから一度くっつけたらめったなことが無い限り外す必要のない部分を接着することに使われています。
パーツ交換やメンテナンスのために開閉することがある部分についてはその都度溶接を溶かすことはできないので、このようなビスやボルトで固定されているのです。

そのため、メンテナンスをするときや自分で修理をするときにはビスやボルトを開閉することは避けられません。
ちょっとの作業ですが簡単に進めるためには工具が重要であり、そこで持っていると便利なのがソケットツールです。

ソケットクールはラチェットレンチとソケットという二つの部分から構成されています。
駆動部分がラチェットレンチであり、その先端に使う工具がソケットです。
組み合わせて使用するという点が同じような場面で使うドライバーやスパナとは違う点であり、なおかつほかのメーカーのレンチやソケットを使っても機能するというのも特徴としてあります。

ソケットツールはレンチ部分のデザインが豊富です。
これはソケットツールのレンチ部分のデザインの違いで自分にとって使い勝手の良いものを選ぶことができます。

一般的なT字型のレンチハンドルとラチェットレンチがもっともよくみるものですが、祖霊が意にもヘッド部分の首振り機構や差込角の違いといったものから使いやすいものを選んで使うことが可能です。

一つの工具で二種類の働きができるソケットツール

一つのハンドルで二種類の働きができるソケットツールもあります。
ドライバーハンドルは先端部分がソケットやビットなど複数のものを差し込むことが可能です。
さらに、グリップ後部にはラチェットレンチが挟める四角い穴が開いているというものもあり、一つの工具でありながらも複数の機能を兼ねているというものもあるのです。

ドライバーグリップだけではうまく回せないような締まりが硬いボルトやビスというのはあるものです。
そのような時うまく回せないときには直接ソケットをつまんで作業をするよりもドライバーグリップを介して回す方が少ない力でぐっと回すことができます。

このように複数の機能を持っているという工具は一つ絵得いろいろな使い方を楽しむのが目的だけではありません。
複数の機能があることで組み合わせて使うことができるので、作業が効率よく進めることができるのです。
そのため、ソケットも複数のものを持っているといろいろな場面で使うことができ使いやすいだけでなく見た目や使い勝手など、様々な要素から好みのものを見つけて手元に用意しておきましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.

  •  
  •  Posted by at
  •   ソケットツールのバリエーションについて はコメントを受け付けていません。
  •   メンテナンス道具