8月 232020
 

スパークプラグとは

スパークプラグというのはバイクのエンジンで欠かせない部分です。
プラグに流れた電流によって火花を散らしてエンジン内で爆発を起こし大きなエネルギーを生み出します。

点火ためにスパークプラグに流れる電流は2万~3万ボルトというとても高電圧です。
高電圧であるためスパークプラグにはかなりの負担がかかります。

スパークプラグに起こるトラブル

目立たない地味なパーツですがスパークプラグにトラブルが起こるとエンジンが動きにくくなるだけでなくエンジンが突然止まることもあります。
バイクトラブルを防ぐためにもスパークプラグは定期的な点検が必要です。

スパークプラグが劣化すると電極が消耗してエンジンがかかりにくくなったり、エンジンのフケが悪くなったりすることがあります。
そこでスパークプラグの寿命を考えて走行距離に応じて交換をすることが必要です。

使用しているプラグによっても寿命は違います。
一般的には3000~5000㎞走ると交換することが望ましいです。

スパークプラグの交換方法

スパークプラグの交換はバイクのメンテナンスの中でも簡単なものです。
ただし自分で行う場合にはトラブルを起こさないよう手順を守って正しく行わなければなりません。

まずはプラグキャップを手で引き抜きプラグのサイズに合ったプラグレンチでプラグを緩めていきます。
スパークプラグを外して新しいものに差し替えたら手でプラグを閉め、最後にプラグレンチを使ってネジを締めてプラグキャップを閉めたら完成です。

一般的にはスパークプラグはエンジンの気筒数と同じなので点検をする時にはすべての気筒のプラグの点検をします。
ネジ山が傷ついたりネジが切れたりしないようにプラグを差し込むときには斜めに差し込んだり、強く締めすぎたりしないように気を付けながら作業をしましょう。

スパークプラグの交換費用

スパークプラグは1本あたり安いものだと500円ほどです。
高いものだと数千円するものもあります。

自分で交換をする時にはプラグの代金しかかかりません。
しかしバイクショップで交換をお願いするときにはプラグの代金だけでなく工賃もかかります。

工賃は三気筒とV8エンジンではかなりの違いです。
一般的には一気筒あたり1000円で交換をしてもらえますがエンジンの性能によってはもう少しかかることもあります。

自分でスパークプラグを交換する場合にはプラグレンチが必要です。
スパークプラグにはサイズの違いがあるので自分のスパークプラグに合ったサイズのものを用意しなければなりません。
プラグレンチは1000円ほどで購入できるので、プラグレンチとスパークプラグを合わせてもバイクショップに依頼するよりは自分で行うほうが安く作業ができます。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>