12月 232016
 

プロ級の本格的な工具を揃えたい!

バイクのメンテナンス作業に慣れてくると、もっとたくさんの工具を使いこなして本格的なメンテを行ないたいと考えるのも当然です。
本格的なメンテナンスを実施しようとすると、本格的な専門工具を揃えておかなければいけません。
価格はそんなに高くなくても、使用頻度は決して多いわけではないプロ仕様の工具や、お値段が少々張るので予算を組んで計画的に購入したい工具まで色々あります。
ここでは上級者必見のメンテナンス工具をご紹介します。

ワイヤーインジェクター

ワイヤーのメンテナンスを実施する際に便利な工具です。
ゆっくり時間をかけて丁寧に行うならワイヤーインジェクターがなくても良いです。
効率良く作業を進めたいという場合にはあると非常に重宝するアイテムになります。
短時間でもオイルを浸透させることができるため、作業時間の短縮に貢献してくれます。

バッテリー、オルタネーターチェッカー

バッテリーの状態をチェックする際に便利です。
バッテリーに接続するだけで簡単に状態を確認できるので、長距離走行をする直前にチェックしたいという場合にも便利です。
電圧の状態をランプで教えてくれるわかりやすい作りになっているので、異常がある場合にはひと目で確認できます。

ビードブレーカー

タイヤ交換を行う際にはビード落としに苦労する方が多いはずです。
結構力も要りますし、過剰に力を入れすぎるのも良くないことからメンテナンスでも苦手な作業内容だと言う方も多いです。

でも、ビードブレーカーがあれば簡単にタイヤのビード落としが実現します。
テコの原理を利用した作りで、作業効率を大幅にアップしてくれるスグレモノです。
使用頻度は決して多くありませんが、用意しておくと買っていて良かった!と間違いなく実感できます。

リアバイクスタンド

リア用のバイクスタンドで、抜群に安定性が良くなって作業効率がアップします。
スイングアームにも傷がつかないように工夫されていることから、一人だけで作業をするという場合でも安心して作業に集中できます。
用意しておくと何かと使い勝手通いもので、活躍する機会が結構多いものです。

ベアリングプーラー

ベアリングを交換する際などには大活躍します。
バイクに使用されているベアリングは消耗品なので、調子が悪くなってきたら交換をするのが鉄則です。
交換をしようと思ってもなかなか簡単に打ち換えするのが難しく、イライラしながら作業時間がかかってしまうことが難点です。

しかし、ベアリングプーラーを使うことで時間を短縮できて他の作業に支障を与えません。
ベアリングを内側からくわえるようにするタイプを選択しなければいけないため、あくまでもバイク用のベアリングプーラーをご用意ください。

Sorry, the comment form is closed at this time.