11月 172017
 

バイクハンドルは自分に合っているものを選択する

バイクハンドルは、様々な種類が販売されています。
曲がり具合、サイズ、高さやデザインなど、実に多くの商品が売られていると言えるでしょう。
その為、初めてのメンテナンスでハンドル交換を選択されるライダーも少なくありません。

バイクハンドルの交換自体は、そこまで難しい作業ではありません。
ですが、ハンドルを選ぶ作業そのものが難しく、交換が上手くいっても、相性が良くないため、何度もハンドルを交換している方も少なくないのです。
余計な手間暇をかけないためにも、しっかりとイメトレをしておく必要があるでしょう。
実際に自分のバイクにまたがって、どのくらいの高さでどんなハンドルがあれば便利かを想像するのです。

また、バイクハンドルのサイズが自分のバイクに取り付け可能かも確認をしましょう。
そもそものハンドルサイズが合っていなければ、取り付けそのものが出来ませんので、よくサイズを測ってからショップに行くことが大切です。

バイクハンドルを取り付ける方法

バイクハンドルを取り付ける方法はまず、古いハンドルを取り外すことから始まります。
ハンドルが固定されているねじを全て取っていきましょう。
ネジが一つでもかけると、新しいハンドルを固定できなくなりますので、無くさずに、同じ場所にネジを入れられるように工夫しましょう。

古いハンドルを取り外したら次に、新しいハンドルを取り付けていきます。
ハンドルが固定されていた穴にハンドルを入れてください。
滑りが悪い場合は専用のオイルなどを利用して、奥までしっかりと入れることが大切です。

そして、元通りにネジをはめていきます。
ネジを弱く締めるとハンドルのふらつきなどに繋がり危険ですが、余り強く締めすぎても、破損の原因に繋がることがありますので注意しましょう。
何事も、やり過ぎは禁物です。

初心者にも向いているメンテナンス

このようにバイクハンドルのメンテナンスは、おおざっぱに言うと、古いハンドルを取る、新しいハンドルを付ける、のわずか2ステップで完了です。
ですが、簡単だからこそ、油断をすると命取りになる恐れがあります。

例えばネジに関してですが、古いバイクの場合、ねじが上手く取れない、閉まらない場合があります。
劣化によることが原因な場合が多いですが、どうしても外れない場合は、無理をせずプロの手にゆだねましょう。

また、商品によっては保険や修理の対象外、転売価格の引き下げの対象とされてしまう恐れがあります。
既製品であれば問題ありませんが、社外品を取り付けた場合、その分損をしてしまうこともありますので、注意しましょう。
出来るだけ既製品は処分せずに、保管しておくことをおすすめします。

Sorry, the comment form is closed at this time.

  •  
  •  Posted by at
  •   バイクハンドルの付け替え はコメントを受け付けていません。
  •   フレーム&外装