12月 232015
 

廃車にするのは忍びない…

今までこまめにメンテナンスを重ねながら、大事に乗ってきたバイクで事故を起こしてしまって動かなくなった場合はもう諦めるしかないのだろうか…とがっかりしている方も多いはずです。
修理店でも修理できない不動車は廃車にするしかないのかと諦めて、そのまま廃車手続きに入る方も多いですが、この時点で諦めてしまうのは早いです。
不動車ということは所有していても邪魔になるだけなので何とか処分したいけど、廃車にするのはもったいないという気持ちがあるなら、最後のチャンスに賭けてみてはいかがでしょうか。

廃車にすると費用が発生する

仮に、不動車を廃車にするという選択をした場合は、廃車にするための費用が発生します。
廃車手続きをする場合には陸運支局などにナンバープレートを返納して、バイクを解体業者に引き渡して廃車にしてもらうという手続きを行うことになります。
ナンバープレートを返納する際には特に費用は発生しませんが、手続きに行くという手間が必要になるため、自分は仕事が忙しくて行けないという場合には代行手続きをしてもらうための費用が必要になる場合があります。

解体業者にスクラップしてもらう場合には1万円前後の手数料が必要になると考えられますが、不動車の場合は自分で持込するのが難しいと思われるため搬送費用も別途考えなければいけません。
どのくらいの距離を搬送するのかによっても変わりますが、1万円から2万円程度の費用を予算しておかなければいけません。

不動車でも買い取りしてもらえる!?

廃車手続きをすると費用が発生する可能性が高いですが、場合によっては費用が発生するどころか若干プラスになる方法もあるのです。
不要になったバイクを買い取りしてくれるサービスが存在していますが、実は不動車の買い取りにも対応しているサービスが存在しているのです。

参考:バイクワン

このサービスでは不動車でも買い取りに対応しており、思っていた以上の値段で買い取りしてくれる場合もあるのです。
仮に修理店でもさじを投げられてしまったような不動車でも、パーツごとで考えるとまだ活用できる部分が存在しているため、全く価値がなくなってしまったとは言えないのです。
特に、既にメーカーで部品の供給がストップしており、中古車市場でもなかなか入手できないようなパーツがまだ使える状態であれば、無価値だと考えていたような場合でも高値を提示してもらえる可能性があります。

不動車であっても最初から廃車だと思い込まずに、買い取りしてもらう可能性に賭けてみることが大切です。
査定してもらうだけでも自分のバイクにどのくらいの価値があるものかを把握できるため、ぜひ気軽に問い合わせをしてみることをおすすめします。

Sorry, the comment form is closed at this time.

  •  
  •  Posted by at
  •   修理店でも修理できない不動車は廃車するしかないのでしょうか? はコメントを受け付けていません。
  •   FAQ