9月 252018
 

センタースタンドは立てるのが意外と難しい

バイクが大きくなるとセンタースタンドをかけたり下ろしたりという作業は意外と大変に感じます。
力を入れるタイミングがうまく合わないと何度も同じことを繰り返さなければなりません。

大きなバイクとなればスタンドがうまく立てられないと横転する危険もあります。
そして、横転するとバイクが傷つくだけでなく壊れる原因ともなりますし人が下敷きとなるようなことがあれば大けがO起こす可能性もあり大変危険です。
そこで、スタンドを立てる方法というのはとても単純な作業でありながらもきちんとその立て方を身につけておくことが重要です。

センタースタンドをうまくはずすためのポイントはバイクとからだの距離を近づけることです。
両手でハンドルを握り前に押し出すのが一般的な方法ですが、このときにバイクとからだが離れると押す力が斜め右に分散してしまい安定性が下がってしまいます。

特にバイクが大きく重たくなるとちょっとした力の分散でもうまくバイクが支えられないことも少なくありません。
そこで、タンクの右に自分のわき腹や腰を押し当てるようにして立つと安定性が保ててスタンドを外してもうまくバランスが取れます。

軽いバイクであれば簡単にスタンドを外すことができますが、重たいものになると簡単にスタンドが動かないことも多いです。
このとき体重をかけてさらに強い力で押すしか方法がありません。
てこの力を意識して蹴りだすのに力が反映されやすい場所を知るのも重要です。

フロントブレーキの活用

スタンドは力をかけて押すと外れやすいですが衝撃も大きくなりバイクの車体が不安定になることがあります。
不安定になれば大きなバイクはうまく支えられないことも出てきますから注意が必要です。

このようなときに役立つのがフロントブレーキです。
フロントブレーキを握って動きを止めることで安定が保てます。

センタースタンドから離れる途中でバイクの動きを止めるのは慣れるまでは難しいです。
タイミングが遅れるとブレーキを掛けてもあまり効果がないこともあります。

しかし、ブレーキを掛けると掛けないとでは格段に安定度が違ってきます。
そこでセンタースタンドを外す際にはフロントブレーキレバーに指をかけていつでもブレーキがかけられるように待機をしておきましょう。

体を密着させることとフロントブレーキを使うこととを意識すれば女性でも大きなバイクを上手にセンタースタンドから外せるようになります。
うまく外せないと駐車場でバイクを停めるのにも緊張をするものです。
そこで、安全が確保されている駐車場やガレージで何度か練習をして感覚をつかんだうえで外に出かけるようにしましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.

  •  
  •  Posted by at
  •   センタースタンドの正しい外し方って? はコメントを受け付けていません。
  •   FAQ