4月 162017
 

バイクの保管は慎重に確実に行いましょう

大切なバイクを保管する際、自宅の車庫に置いておく方は少なくありません。
車庫ではなく、家の隣に止めているという方もいるでしょう。

身近に利用するからこそ、ついつい適当に止めてしまう方もいるかもしれませんが、それは非常に危険がある行為と言われています。
バイク盗難の多くは、自宅にバイクを止めてある時に行われることがほとんどだからです。

バイクの盗難を防ぐためには、日頃からセキュリティを大切にしましょう。
もちろん、決してお金がかかるような、難しいセキュリティを行う必要はありません。
自分で行うことが出来る盗難防止方法は数多くありますので、例えばこのような方法で安全を確保することをおすすめします。

鍵をかけることを忘れずに

まずは、家に置いて置く際や、少しの時間その場を離れる際にも、身近にあるからと安心せずに、必ずカギを掛けましょう。
ちょっとの間離れていただけにも関わらず、鍵を掛けなかったために発生した盗難は珍しくありません。
自分の大切なバイクが盗難にあわないようにするためにも、必ずカギをかける習慣をつけましょう。

鍵をかけると言っても、ただなんでも良いから鍵をかければ良いと言うわけではありません。
バイクのタイヤだけにカギをかけるのでは、バイクそのものを持ち出されてしまう可能性もあります。
なので必ず、バイクのタイヤと丈夫な柱を、合わせてチェーンで括り付けておくか、車庫の鍵そのものをしっかり閉めておきましょう。

少しでも目を話す際には、このような工夫を行うことで、盗難の可能性がグンと減少すると言えます。

バイクを置く場所にも気を付けましょう

車庫によっても異なりますが、外から丸見えになっている場所においてしまうと、せっかく車庫においても、危険性が高まります。

車庫に置く際には、出来るだけ人目に付かないような、奥の方に置いておくようにしましょう。
余り人目に付く場所に置いておくと、バイクの下見をされて、盗難被害にあいやすくなります。

セキュリティアイテムを利用する方法もあります

警報アラームや防犯登録など、ある程度お金をかけることで、セキュリティレベルを大幅に引き上げることが出来ます。

様々な防犯アイテムがありますが、値段はピンキリですので、しっかりと比較を行いましょう。
価格もアイテムによって大きく異なりますが、値段だけではなく、効果も大きく異なります。

また、利用方法もそれぞれのアイテムによって全く変わりますので、自分の理想のアイテムを見つけてみましょう。
普段利用するタイミングや、利用する場所によっても、合っているセキュリティアイテムが異なりますので、注意が必要です。

Sorry, the comment form is closed at this time.

  •  
  •  Posted by at
  •   車庫での安全な保管方法は? はコメントを受け付けていません。
  •   FAQ